青林書院



相続法改正 新しい相続実務の徹底解説 概説と事例QA


相続法改正 新しい相続実務の徹底解説 概説と事例QA
 
編・著者吉田 修平・森川 紀代 編著
判 型A5判
ページ数368頁
税込価格4,400円(本体価格:4,000円)
発行年月2019年09月
ISBN978-4-417-01774-5
在庫有り
  
在庫があります

■解説
「日本相続学会」メンバーによる信頼の1冊!! 新しい相続実務を
「概説」と「QA」で詳解!!

■平成30年の相続法改正のポイントを全7章立てでピックアップ。
■QAでは改正点のみならず関連事項にも触れてトータルに解説。
■法改正に係る税務情報やトピカルなテーマのコラムなども充実。


はしがき
 平成30(2018)年7月6日,民法及び家事事件手続法の一部を改正する法
律(平成30年法律第72号)が成立し,相続の分野について,昭和55年
(1980年)以来,約40年ぶりとなる大きな改正が行われました。平均寿命の
延伸に伴い,亡くなった方の残された配偶者が高齢であることが多くなり,相続
において高齢配偶者の生活に配慮する必要性が高まったことなどを受けて検討さ
れた法改正でした。
 新しい相続法では,配偶者居住権,特別寄与料,遺言書の保管制度といった
新しい概念や制度が創設されるとともに,遺留分制度が変更されるなど,実務
に大きな影響を与える改正となっています。
 本書は,改正の内容を概括的に把握できるよう「概説」の項にて改正の経緯
や改正された内容を説明するとともに,改正となった項目ごとに設問を設け
て,Q&Aの形式で,より詳細に新しい制度や具体的な事例等について説明し
ています。
 相続は身近な法律問題であるため,相続法について十分な知識を持たない方
が本書を手に取られることも意識し,設問においては,改正された内容のみな
らず関連事項にも触れて実務上のポイントを説明しています。 
 また,例えば,改正によってもなお解決されていない問題などにも踏み込ん
で解説を加えています。
 さらに,一定程度の相続財産があれば相続税の検討が必須となるため,配偶
者居住権に関する税務の取扱いなど,相続法改正に係る税務面の情報をも含ん
だ内容となっています。
 ところで,改正案の審議過程では「民法(相続関係)等の改正に関する中間
試案」,「中間試案後に追加された民法(相続関係)等の改正に関する試案(追
加試案)」が出され,それぞれパブリックコメント(意見公募手続)に付されま
した。一般社団法人日本相続学会(以下「日本相続学会」といいます)は,学者
のほか,弁護士,税理士,司法書士等の相続手続に関する知識や実務経験が豊か
な会員で構成されており,2度のパブリックコメントのいずれにおいても,学術
的観点及び実務的観点から法制審議会が作成した試案を検討し,試案の全項目に
ついて意見書を作成し提出しました。
 本書は,そのようにして相続法改正の審議段階から審議の行方を見守り,意
見書の作成に携わってきた日本相続学会のメンバーが執筆を担当しています。
 相続手続に関わる多くの皆様が本書を手に取って下さり,本書が,日本相続
学会の基本理念である「円満かつ円滑な相続」を実現するために少しでも役立
つことがあれば,これに勝る喜びはありません。
 最後になりますが,本書の企画段階から完成に至るまで大変お世話になりま
した青林書院の宮根茂樹様をはじめとする関係者の皆様に,厚く御礼申し上げ
ます。また,本書の執筆を担当された日本相続学会のメンバーにも心より感謝
いたします。
2019(令和元)年9月
一般社団法人日本相続学会副会長・弁護士
吉田 修平
一般社団法人日本相続学会理事・弁護士
森川 紀代


編 集 者
吉田 修平(弁護士)
森川 紀代(弁護士)  
  
執 筆 者(執筆順)
吉田 修平(上 掲)
岩永 隆之(弁護士)
大杉 麻美(日本大学法学部教授)
佐々木好一(弁護士)
池畑 芳子(税理士)
茂野 大樹(弁護士・税理士)
小池 知子(弁護士)
竹内 裕詞(弁護士)
齋藤 清貴(弁護士)
石川登三男(司法書士・行政書士)
森川 紀代(上 掲)
池浦  慧(弁護士)

■書籍内容
第1章 相続法改正の経緯
【概  説】
 機〜蠡核_正の経緯
⑴ 従来の主要な改正  ⑵ 今回の改正の経緯  ⑶ 中間試案の内容
⑷ 追加試案の内容
 供〆2鵑料蠡核_正の概要
⑴ 配偶者の居住を保護するための方策  ⑵ 遺産分割等に関する見直し
⑶ 遺言制度に関する見直し  ⑷ 遺留分制度に関する
見直し  ⑸ 相続の効力等に関する見直し  ⑹ 相続人以外の者の貢献
を考慮するための方策  ⑺ 施行期日
 掘,沺,函,
  
第2章 配偶者の居住権
第1節 配偶者居住権
【概  説】
 機’朸者居住権とは
 供_正前の問題点
 掘’朸者居住権の成立要件
 検’朸者居住権の消滅
 后/拡修砲茲詛朸者居住権の取得
 此’朸者居住権の存続期間
 察’朸者居住権の登記等
⑴ 登記請求権  ⑵ 第三者対抗要件  ⑶ 妨害の停止の請求等
 次’朸者による使用及び収益
⑴ 用法遵守義務  ⑵ 譲渡禁止  ⑶ 改築・増築,第三者の使用・収益
 宗ゝ鐔桟物の修繕等
 勝ゝ鐔桟物の費用の負担
 Ⅺ 居住建物の返還等
⑴ 居住建物の返還  ⑵ 損害賠償及び費用償還請求
 Ⅻ 使用貸借及び賃貸借の規定の準用
 XIII 配偶者居住権の法的性質
〔1〕 配偶者居住権の内容及び成立要件
 Q1 配偶者居住権の内容
    夫が亡くなりました。相続人は妻である私と長男です。遺言はありませ
    ん。夫の遺産は,夫名義の自宅(土地及び建物)(時価3000万円)と預貯金
    (1000万円)です。長男は別の場所に住んでおり,自宅は処分してお金を分
    けようと言っています。私はずっと自宅に住み続けたいのですが,どうす
    ればよいでしょうか。
 Q2 配偶者居住権の取得方法
    私は夫と夫名義の自宅に同居しています。夫の財産は,自宅(時価3000
    万円)と預貯金1000万円です。子どもは長男がいますが,いつも生活が苦
    しいとこぼしていることから,夫は,夫の死後,私が自宅に住み続けられ
    るか心配しています。何かよい方法はないでしょうか。
 Q3 配偶者居住権の財産価値
    配偶者が遺産分割により配偶者居住権を取得する場合,その価値をどの
    ように評価するのでしょうか。
 Q4 配偶者居住権を含む遺産分割を行った場合の相続税
    45年連れ添った夫が亡くなりました。財産は以下のとおりです。
    相続人は,妻である私(75歳)のほかに子2人(長男と長女)です。遺
    産は法定相続分のとおりに分割することで合意していますが,遺産分割協
    議において配偶者居住権を設定できるとのお話を伺いました。
    配偶者居住権を取得した場合,各相続人の取得額や相続税はどうなるの
    でしょうか。
    [財産]自宅土地(相続税評価額3500万円)
     自宅建物(築5年,鉄筋コンクリート造り,固定資産税評価額3000
     万円)預金8500万円

〔2〕 配偶者居住権の効力
 Q5 配偶者居住権の登記
    配偶者居住権の登記をすると,どのような効果が生じるのでしょうか。
    また,配偶者居住権の登記にはどのような情報が登録されますか。
 Q6 配偶者居住権の譲渡
    私は,配偶者居住権を取得した配偶者ですが,体が不自由になり,この
    たび施設に入所することになりました。施設はお金がかかるので,配偶者
    居住権を親族に売ってお金に換えたいと考えています。
    配偶者居住権を親族に売ることは可能でしょうか。それができない場
    合,私が施設に入所する費用を捻出するために,何かできることはないで
    しょうか。
 Q7 配偶者以外の者の同居
    母が亡くなった後,父は再婚しました。一昨年に父も亡くなり,父名義
    だった実家は私が相続しました。父の後妻である義母は,配偶者居住権を
    取得して実家に一人で住んでいます。以下のような場合に,私は義母に文
    句を言って同居をやめさせることはできるでしょうか。
⑴ 義母が再婚し,再婚相手と同居を始めたとき
⑵ 義母が父と結婚する前に産んだ未成年の子を引き取って同居を始めたとき
 Q8 建物の使用方法
    私は夫とともに30年にわたり和菓子屋を営んできました。自宅は店舗と
    一体となった建物で,所有者は夫です。私は夫の死後も,和菓子屋を営み
    たいと思っていますが,子どもたちは,和菓子屋を廃業しマンションに建
    て替えるべきだと主張します。私が和菓子屋を営み続けることは難しいの
    でしょうか。
 Q9 配偶者による建物の改築・修繕
    遺産分割の結果,娘である長女が亡夫名義の自宅を相続し,私は,配偶
    者居住権を取得しました。
    私は,自宅について次のような改修を行うよう長女に要求することはで
    きますか。また,長女の同意なく私が修繕を行うことは問題ないでしょう
    か。
⑴ 台風で屋根の一部が損傷して水漏れがしている場合の修繕。
⑵ 体が不自由になった場合のバリアフリーにするための改築。
 Q10 配偶者が有益費を支出した場合
    配偶者居住権を取得した配偶者が,居住建物について必要費以外の有益
    な費用を負担した場合,建物所有者にその償還を請求することができるで
    しょうか。
 Q11 配偶者居住権が設定された建物の売却
    私は,亡くなった兄名義の建物とその敷地を相続し,兄の配偶者である
    義姉は,配偶者居住権を取得してその建物に住んでいます。
    現在,その建物と敷地の売却を考えていますが,売却した場合に配偶者
    居住権はどうなりますか。また,土地建物のすべての権利を売却するため
    に,どのようなことをしなければならないでしょうか。
 [コラム1]配偶者居住権の評価について
〔3〕 配偶者居住権の消滅
 Q12 配偶者居住権の消滅原因
    父が亡くなり,母と遺産分割協議中です。母は父名義の自宅に住んでお
    り,配偶者居住権の取得を強く希望していますが,身体が弱っており,遠
    くない将来,老人ホームに入ることになると思います。
⑴ 母が転居すれば配偶者居住権は消滅しますか。
⑵ 母が老人ホームに入所したときは配偶者居住権が消滅するという条件
    を付けて遺産分割することはできますか。
 Q13 用法違反等による権利の消滅
    実家は亡くなった父の名義で,長男である私が相続しました。父の後妻
    である義母は,配偶者居住権を取得して実家に住んでいますが,私の承諾
    も得ずに実家の改築を始め,文句を言ってもやめてくれません。また,邪
    魔だと言って物置を撤去してしまいました。勝手な振る舞いに我慢できま
    せん。私としては,義母がこのような行為を続けるようであれば,実家か
    ら出て行ってもらいたいと思っています。
    私として何かできることはないでしょうか。
 Q14 建物の滅失等
    夫が亡くなり,夫婦で住んでいた自宅の土地建物は長男が相続しました
    が,私は配偶者居住権を取得して1人で住んでいます。
    自宅は築60年の木造建物のため,地震や火災がとても心配です。地震や
    火災で建物が滅失した場合,配偶者居住権はなくなってしまうのでしょう
    か。古い建物なので,老朽化も心配です。
    また,雨漏り等の修繕は私が行うのでしょうか。建物の耐震性も心配な
    ので,さらに,耐震性を補強するような改築をしてもよいのでしょうか。
    リフォームの場合はどうですか。
第2節 配偶者短期居住権
【概  説】
 機’朸者短期居住権とは
⑴ 配偶者短期居住権  ⑵ 改正前の問題点
 供’朸者短期居住権の内容
⑴ 法的性質  ⑵ 成立要件等  ⑶ 存続期間  ⑷ 権利の内容  
⑸ 居住建物取得者による消滅申入権  ⑹ 相続財産との関係
 掘’朸者短期居住権の効力
⑴ 使用借権と同様の規律  ⑵ 用法遵守義務及び善管注意義務 
⑶ 無断で第三者に使用させることの禁止  ⑷ 居住建物の修繕等 
⑸ 居住建物の費用の負担
 検’朸者短期居住権の消滅
⑴ 消滅原因  ⑵ 消滅の効果  ⑶ 損害賠償及び費用の償還の請求権について
  の期間の制限
 Q15 配偶者短期居住権の内容
    夫が亡くなり,子どもたちと遺産の分割について話し合いをしているの
    ですが,亡夫の遺産のうち,めぼしい財産は私たち夫婦が暮らしていた自
    宅のみのため,子どもたちは自宅の売却を主張し,私に早く自宅から退去
    するよう求めています。
    すぐに退去しなければならないのでしょうか。いつまで自宅にいること
    ができるのでしょうか。
 Q16 配偶者短期居住権の成立要件
    配偶者短期居住権は,次のような配偶者にも認められますか。
⑴ 被相続人所有の建物に暮らしていたが,被相続人は同居していなかった場合。
⑵ 被相続人と配偶者とが,内縁関係であった場合。
 Q17 建物の利用方法
    遺産分割協議が長期化しそうです(遺言はありません)。私は,少なくと
    も遺産分割が終わるまでは夫の遺産である自宅にとどまり,自宅でカフェ
    の営業をしたいと思いますが,可能でしょうか。なお,以下の設問のいず
    れにおいても,私は,夫の遺産である自宅に無償で居住していました。
⑴ 相続開始前から自宅建物内でカフェを営業していた場合
⑵ 相続開始前から営業していた自宅建物内のカフェを第三者に営業させる場合
⑶ 自宅を改装して新たにカフェを開業する場合
 Q18 短期居住中に配偶者が負担した有益費
    夫が亡くなった後もずっと夫名義の自宅に住み続けるつもりで,私が費
    用を負担して自宅内のエアコンを全部新しいものに取り替えましたが,遺
    産分割の結果,長男が自宅を相続し,私は自宅を出ることになりました。
    長男にエアコンの取り替えにかかった費用を請求できますか。
 [コラム2]配偶者居住権と相続税
  
第3章 遺産分割等に関する見直し
第1節  婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の遺贈又は
贈与
【概  説】
 機,呂犬瓩
⑴ 概 要  ⑵ 改正の趣旨
 供―樵阿竜定
⑴ 特別受益における持戻し計算  ⑵ 従前の配偶者救済方法
 掘〇戻免除の意思表示の推定規定の概要
⑴ 条 文  ⑵ 持戻免除の意思表示の推定規定の概要 
⑶ 遺留分との関係  ⑷ 実務への影響  ⑸ 配偶者居住権への準用
 検〇楾垰期及び適用範囲
 Q19 居住用不動産の贈与と持戻免除の意思表示
    結婚して25年になる夫婦です。このたび,夫から自宅の土地建物(時価
    3000万円)を贈与してもらいました。夫の財産は預貯金(1500万円)のみ
    で,子どもは長男,長女の2人です。
     夫が亡くなった場合,私には夫の預貯金を受け取る権利があるでしょう
    か。
第2節 預貯金の払戻し
【概  説】
 機_板躡枷十蠅亮蠡海魴个覆ね唾金の引出し
⑴ 制度創設の経緯  ⑵ 払戻しできる額  ⑶ 払戻しの効果  
⑷ 払戻請求権の譲渡,差押え,相殺  ⑸ 共同相続人の債権者による預貯金
  債権の差押え  ⑹ 経過規定
 供〕唾金債権の仮分割の仮処分
⑴ 制度創設の経緯  ⑵ 仮分割の要件  ⑶ 仮分割の額 
⑷ 本分割との関係  ⑸ 債務者(金融機関)との関係
 Q20 預貯金債権の行使と仮分割
    夫が急に亡くなりました。私名義の預金はなく,子どもはまだ小学生
    で,金銭的に頼れる人はいません。当面の生活費にも困っています。遺産
    分割前に預貯金の払戻しを受ける方法が2種類あるそうですが,どういう
    ときにどちらを利用すればいいのでしょうか。また,両方とも利用するこ
    とはできますか。
 Q21 預貯金債権の行使ができる額
    亡くなった夫の預貯金は1800万円で,次のとおりです。遺産分割をせ
    ず,他の相続人(子ども2人)の同意も得ず,金融機関へ行ってすぐに引
    き出せる上限はいくらでしょうか。
    [預貯金内訳]カトレア銀行(普通預金200万円,定期預金400万円)
    バラ銀行(普通預金400万円,定期預金800万円)
 Q22 法定相続分を超える預金の引出し
    亡父の遺産はA銀行の預金のみ1000万円,相続人は兄と私ですが,兄
    は,5年前に父から自宅(時価1000万円)を贈与されています。兄が遺産
    分割前に私の知らない間に預貯金の払戻しを受けることはできるのでしょ
    うか。また,兄が払戻しを受けた場合には,遺産分割のときに払い戻した
    額を私に支払うように要求できますか。
第3節 遺産の一部分割
【概  説】
 機,海譴泙任琉貮分割の取扱い
⑴ 一部分割の必要性  ⑵ 改正前の民法での取扱い
 供^貮分割の明文化
 掘^貮分割の要件
⑴ 遺言で禁止されていないこと(改正民907条1項)  ⑵ 協議・調停の場合  
⑶ 審判の場合
 検^貮分割の調停・審判の申立てをする場合
⑴ 遺産の範囲の特定  ⑵ 審判が却下される場合  ⑶ 申立てが競合した場合
 后_隼事件手続法73条2項との関係
 Q23 詳細不明な相続財産がある場合
    亡くなった夫は,出身地に相続した山や畑をいくつかもっていると聞い
    たことがありますが,まだ調べ切れていません。早く遺産分割をしたいの
    ですが,相続財産がすべてわからないと遺産分割はできないのでしょうか。
 Q24 一部分割の要件
    遺産の一部分割はいつでもどのような場合でも家庭裁判所に請求できま
    すか。一部分割が請求できないことがあるとすれば,どのようなときですか。
第4節 遺産分割前に財産が処分された場合の遺産の範囲
【概  説】
 機,呂犬瓩
 供―樵阿亮莪靴
 掘_正民法による新規定
⑴ 条 文  ⑵ 新規定の概要
 検ー駄海悗留洞
 Q25 遺産分割前の財産処分
    姉は,父が亡くなった直後から,父の預貯金2000万円を次々引き出して
    しまい,預貯金はほとんどなくなってしまいました。残った遺産は,自宅
    (時価2000万円)のみで,相続人は母,姉及び私の3人です。このような場
    合,母と私は,姉にどのようなことがいえるでしょうか。また,お金を引
    き出したのが,姉の夫であった場合はどうでしょうか。
  
第4 章 遺言制度に関する見直し
第1節 自筆証書遺言の方式
【概  説】
 機^筝誓度について
 供ー筆証書遺言の方式
⑴ 自書を要件とする理由  ⑵ 自書の負担と必要性  ⑶ 改正法による自書
  要件の緩和 ⑷ 要件緩和の効果  ⑸ 改正前の判例の参酌
 掘〔槝燭虜鄒方法
⑴ 改正法の規定  ⑵ 財産目録の対象となる財産  ⑶ 財産目録に記載すべ
  き財産  ⑷ 財産目録を添付する方法 ⑸ 財産目録の作成方法  ⑹ 財産
  目録への署名押印  ⑺ 財産目録中の加除その他の変更
 検^筝製颪虜鄒例
 Q26 目録を利用した自筆証書遺言
    不動産や預金口座がたくさんあるので,長男が作ってくれた財産目録を
    使って遺言書を作成したいと思いますが,どのようなことに気をつければ
    よいでしょう。
 Q27 自書を要しない範囲
    不動産や預金口座がたくさんあり,子どもも多いので,財産の詳細を記
    載した目録に各財産を相続させる子どもの名前を付記して一覧表にしまし
    た。これを自筆証書遺言に添付して「別紙のとおり相続させる。」としたい
    のですが,問題ないでしょうか。
第2節 遺贈義務者の引渡義務等
【概  説】
 機^簑5遡骸圓琉渡義務についての改正
⑴ 遺贈の目的となる物又は権利が相続財産に属するものである場合
⑵ 遺贈の目的となる物又は権利が遺言者の死亡時において相続財産に属し
ない場合
 供〆銚∨_正との関係
⑴ 遺贈の目的となる物又は権利が相続財産に属するものである場合
⑵ 遺贈の目的となる物又は権利が遺言者の死亡時において相続財産に属し
ない場合
 Q28 遺贈義務者の義務内容
    土地の遺贈を受けましたが,当該土地の所有者であった遺贈者が死亡し
    た時点で,その土地には相続人を債務者とする抵当権が設定されていまし
    た。相続人に対して遺贈を原因とする所有権移転登記とともに,抵当権の
    抹消も求めることができるでしょうか。
第3節 遺言執行者の権限の明確化
【概  説】
 機,呂犬瓩
 供^筝声更埃圓稜ぬ海粒始
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 掘^筝声更埃圓慮⇒義務
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 検^筝世亮更圓遼験温坩戮龍愡
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 后‘団蟶盪困亡悗垢覦筝世亮更
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 此^筝声更埃圓涼楼
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 察^筝声更埃圓良任権
⑴ 条 文  ⑵ 改正の概要
 次ー駄海悗留洞
 Q29 遺言執行者の権限
    父の遺言書には,某福祉団体に1000万円を寄付すると書かれていまし
    た。父の遺言を実現したいと思いますが,どうすればよいですか。
    遺言執行者がいる場合と,いない場合について何か違いますか。
 Q30 遺言執行者でない相続人が行った行為の効力
    姉の遺言書には,某福祉団体に姉の所蔵する美術品全部を寄付すると書
    かれており,私が遺言執行者に指名されました。
    ところが,姉の夫である義兄が,姉の死後,勝手に美術品を売って,義
    兄の借金の返済に充ててしまいました。どうすればよいでしょうか。
 Q31 遺言執行の内容
    父の遺言により,次の財産を長女にすべて承継させる旨の遺言がされ,
    長男である私が遺言執行者に指定されました。遺言執行者はそれぞれ何を
    すればよいでしょうか。
⑴ 父が係争中だった某社に対する損害賠償請求権
⑵ 父の預貯金債権
 Q32 遺言執行者の復任権
    父の遺言で私が遺言執行者に指定されましたが,私はあいにく長期入院
    中でしばらく回復が見込めません。遺言執行者の任務を妻に任せたいと思
    いますが大丈夫でしょうか。
第4節 法務局における自筆証書遺言書の保管等
【概  説】
 機,呂犬瓩
 供ー筆証書遺言書の保管の現状と問題点
 掘)〔涯匹砲ける遺言書の保管制度の創設意義
⑴ 自筆証書遺言書作成の促進と相続人間の紛争防止  ⑵ 全国一律サービス  
⑶ 相続登記の促進
 検^筝製駟欖彬,隆待と不安
⑴ 検認手続の省略化  ⑵ 遺言書情報証明書(遺言書保管法9条)の交付  
⑶ 遺言書情報証明書交付のための必要書類
⑷ 公正証書遺言との比較
 后^筝製駟欖彬,砲茲詈欖匹粒詰
⑴ 遺言書の保管の申請  ⑵ 遺言者による遺言書の閲覧,保管の申請の撤回 
⑶ 遺言書保管事実証明書(遺言書保管法10条)の交付 ⑷ 手数料
 Q33 保管制度の利用手続
    遺言書の保管制度を利用して保管を開始するには,どのような手続が必
    要ですか。また,私は下肢が不自由で外出することができませんが,長男
    に出向いてもらって遺言書の保管制度を利用することはできるでしょうか。
 Q34 新保管制度と公正証書遺言保管との違い
    遺言書の保管制度を利用した場合と,公正証書遺言を作成して公証役場
    に保管されている場合とでは,保管に関し,どのような違いがありますか。
 Q35 保管できる遺言書の制限
    私は,これまで何度も遺言書を書き換えたり追加したりしてきました。
    新しくできた遺言書の保管制度について質問があります。
⑴  随分前に作った遺言書をもっていっても保管してもらうことができますか。
⑵  保管所には何通でも遺言書を保管してもらうことができますか。
⑶  一度保管した遺言書を返してもらうことができますか。
⑷  預けた遺言書の内容を確認したいのですが,どのようにすればよいでしょうか。
 Q36 遺言者本人以外の遺言書の閲覧
    遺言書保管制度により保管されている遺言書は,遺言者以外でも閲覧で
    きるそうですが,誰がどのような場合に閲覧できますか。コピーをもらう
    ことはできますか。
 Q37 保管所が不明な場合
    亡父は,生前,遺言書を作ったと話していましたが自宅には見当たりま
    せん。保管所に預けたのかもしれません。どうすればよいでしょうか。な
    お,亡父は転勤族で住所が何度も変わっています。また,自宅のほか,実
    家のほうにもいくつかの不動産をもっています。
 Q38 保管所の遺言書とは別の遺言書がある場合
    亡父の自筆証書遺言が2通見つかりました。1通は,2年前に作られて
    法務局(保管所)に保管されていました。もう1通は,亡くなる1ヵ月ほ
    ど前に作られて自宅に保管されていました。どちらの遺言書が有効ですか。
  
第5章 遺留分制度に関する見直し
第1節 遺留分制度と遺留分を算定するための財産
【概  説】
機^篶永請求の性質
⑴ 遺留分制度  ⑵ 改正前の遺留分の取扱いと問題点  
⑶ 改正民法における遺留分の取扱い  ⑷ 遺留分請求の期間制限
 供 岼篶永を算定するための財産」の計算方法
⑴ 対象となる贈与の範囲(改正民1044条)  ⑵ 負担付贈与(改正民1045条1項)⑶ 不相当な対価による有償行為(改正民1045条2項)
 掘^篶永権利者及び遺留分割合
 Q39 遺留分の算定方法
    遺留分は,どのように算定するのでしょうか。
 Q40 遺留分の算定基礎となる贈与
    私には妹がいますが,父と妹は絶縁状態で,父は私に全財産を譲るとい
    う遺言書を書きました。私は,父と一緒に旅行へ行った際の旅行代金を父
    に出してもらったり,私が入院した際の快気祝いや子どもの入学祝いな
    ど,こまごまとお金を受け取っています。遺留分の算定には亡くなる前10
    年分の贈与も対象になると聞きましたが,そのようなお金のやりとりも遺
    留分の算定対象になってしまうのでしょうか。
 Q41 負担付贈与,不相当な対価による譲渡
    私には3人の子(長女,長男,次男)がおり,妻は既に亡くなっていま
    す。唯一の財産である時価1億2000万円の土地を長女に1000万円で売却し
    たいと考えています。私の死後,長女が,長男や次男から何らかの請求を
    受けることがありますか。
第2節 遺留分の請求
【概  説】
 機^篶永額(改正民1042条)
⑴ 遺留分額の算定方法  ⑵ 改正前の民法からの変更点
 供^篶永侵害額(改正民1046条2項)
⑴ 遺留分侵害額の算定方法  ⑵ 遺留分権利者が受けた改正民法903条1項に
  規定する贈与(特別受益)の価額  ⑶ 民法899条の規定により遺留分権利
  者が承継する債務⑷ 改正前の民法からの変更点
 掘ー遺者の範囲(改正民1046条1項)
⑴ 改正民法における明確化  ⑵ 改正前の民法からの変更点
 検ー遺者又は受贈者の負担額(改正民1047条)
⑴ 改正民法における規律  ⑵ 改正民法1047条1項各号の規定
⑶ 負担の順序 ⑷ 遺贈又は贈与の範囲  ⑸ 改正前民法からの変更点
   相続人が受遺者又は受贈者である場合の「目的の価額」(改正民1047条
1項柱書)
⑴ 改正民法1047条1項柱書の規律  ⑵ 改正前民法からの変更点
 此 嵬榲の価額」の算定方法(改正民1047条2項)
   受遺者又は受贈者が遺留分権利者承継債務を消滅させた場合(改正民
1047条3項)
⑴ 改正民法1047条3項の規律  ⑵ 受遺者又は受贈者による負担額消滅請求は
  いつまでなしうるか
 次ー遺者又は受贈者の無資力リスク(改正民1047条4項)
⑴ 改正民法1047条4項の規律  ⑵ 受遺者又は受贈者の無資力への対応
⑶ 改正前民法からの変更点
 宗ー遺者又は受贈者に対する相当の期限の許与(改正民1047条5項)
 勝^篶永侵害額請求権の期間制限(改正民1048条)
 Q42 遺留分侵害額の算定
    父は,亡くなる半年前に兄に2100万円,姉に700万円を贈与し,また,母
    に自宅と預貯金(合計価額1000万円)を相続させるとの遺言を残しまし
    た。次男である私は5年前に100万円だけ受け取りました。父の債務は300
    万円です。相続人は他にいません。遺留分侵害額を請求したいと思いま
    す。誰にいくら請求できますか。
 Q43 受贈者による債務弁済と遺留分
    亡父は,自宅と預貯金(合計6000万円)を母に遺贈し,アパート(1億
    円)を長女である私に遺贈しました。他に財産はありません。父が残した
    債務はアパートのローン6000万円で,相続開始後,私が毎月ローンを支払
    っていますが,兄から遺留分侵害額の請求がありました。私が支払ってい
    るローンは,遺留分侵害額に考慮されますか。
 Q44 遺留分の請求方法
    遺留分侵害額を請求するには,何をすればよいでしょうか。また,任意
    に支払ってもらえない場合には,どのような手段がとれますか。
    [コラム3]遺留分制度の改正と事業承継
 Q45 法定果実の請求
    私の父は生前,アパートの土地建物を所有して賃料収入を得ていまし
    た。父の相続人は,長男である兄と次男である私のふたりだけです。父が
    作成した遺言書には,唯一の財産であるアパートを兄に相続させると書か
    れていました。そこで,私は兄に対して,すぐに遺留分侵害額の請求を内
    容証明郵便によって行いました。それから2年が経ちましたが,兄との間
    では未だに協議がまとまらず,私は兄から何も受け取っていません。私は
    兄に対して,これからどのような請求ができるのでしょうか。
 Q46 遺留分義務者の無資力
    亡くなった父には,自宅の土地建物しか財産がありませんでした。父の
    相続人は,兄である長男と,次男である私だけです。父は,自宅の土地建
    物を兄に遺贈しました。私は兄に対して内容証明郵便にて遺留分侵害額の
    請求をしましたが,兄は事業に失敗してお金に困っており,遺留分侵害額
    の請求をしてから2年以上も,私にお金を支払ってくれません。それどこ
    ろか兄は,父の遺した自宅土地建物を売却して,その売却代金を借金の返
    済に充てようとしています。自分の権利を守るために,私にできることは
    何かありますか。
 Q47 遺留分侵害額請求権の消滅
    遺留分侵害額の請求はいつまで行えますか。
    また,遺留分侵害額を請求した後,長期間訴訟を提起しなかった場合で
    も,遺留分権利者の請求権は消滅しませんか。
 Q48 現物による給付
    私は,亡くなった父の遺言により,父の財産すべてをひとりで相続する
    ことになりました。父の相続人は,長男である私と,次男である弟のふた
    りです。ところが,弟はそのことに納得がいかなかったようで,私に対し
    て遺留分侵害額の請求を行いました。父から相続した自宅土地の価値が高
    いため,遺留分侵害額も大きくなってしまい,弟に支払うお金を用意する
    ことができません。父からは,ゴルフ会員権やリゾートマンションの所有
    権も相続したのですが,これらを弟に遺留分として渡すことはできないの
    でしょうか。
 [コラム4]代物弁済と税金
 Q49 遺留分権利者と遺産分割
    亡くなった私の父の相続人は,長男である兄,次男である私,そして三
    男である弟の3名です。父が生前に作成していた遺言書には,全財産の2
    分の1ずつを兄と弟に相続させると書かれていました。兄と弟は遺産分割
    協議を行うそうですが,私は関係がないと言われました。私から兄と弟に
    遺留分侵害額の請求を行った場合,私も遺産分割協議に加わることができ
    ますか。
  
第6章 相続の効力に関する見直し
第1節 共同相続における権利の承継の対抗要件
【概  説】
 機_正民法による規律
⑴ 改正民法899条の2  ⑵ 対抗要件の例  ⑶ 改正民法899条の2第2項に
  よる対抗要件の規律が設けられた理由  ⑷ 改正民法899条の2第2項によ
  る通知において遺言等の内容を明らかにすること
 供_正前民法における取扱いと改正の理由
 Q50 遺産分割後に他の相続人の債権者から行われた不動産差押え
    兄と遺産分割協議をして,私が,亡父の遺産であるアパートとその敷地
    を相続しました。しかし,私が相続登記をする前に,兄の債権者がアパー
    トと敷地について,私と兄の持分を法定相続分の2分の1とする代位登記
    をした上,兄の持分を差し押さえてしまいました。私は,アパートと敷地
    に兄の持分はないことを理由に差押えを排除することはできるでしょうか。
 Q51 「相続させる」旨の遺言と債権差押え
    父の「相続させる」旨の遺言により,父名義の銀行預金全額を相続しま
    した。しかし,私が銀行に通知する前に,兄の債権者が亡父名義の預金債
    権のうち兄の法定相続分にあたる2分の1の額を差し押えてしまいまし
    た。私は,預金に対する差押えを排除することはできるでしょうか。
第2節 相続分の指定がある場合の債権者の権利の行使
【概  説】
 機_正民法902条の2
 供_正前の民法の取扱い
 掘_正後の取扱い
⑴ 債権者の承諾がない場合  ⑵ 債権者が指定相続の割合による義務の承継を
  承諾した場合  ⑶ 指定相続割合がある場合に債権者が法定相続分による権
  利行使をした場合になお指定相続割合による請求ができるか
 Q52 遺言による債務の承継
    父の遺言により,父が営んでいた事業は兄が承継し,事業に関する債務
    はすべて兄が引き受けることとなりました。亡父の相続人は私と兄の2人
    です。父に事業資金を貸し付けていたA銀行が貸付金の半額に相当する額
    の支払を求めて私を訴えてきました。私は,遺言により債務を引き受けた
    のは兄であることを理由に,訴えを退けることはできるでしょうか。
  
第7章 特別の寄与
【概  説】
 機‘段未隆麝
⑴ はじめに  ⑵ 特別の寄与 ⑶ 要 件
 供/拡充蠡
⑴ はじめに  ⑵ 管 轄  ⑶ 申立手続  ⑷ 審 理
 Q53 相続人以外の親族の介護費用請求
    私は,亡夫の母の介護を行ってきました。このたび,その母が亡くなり
    ました。私と亡夫との間には子どもはおらず,母の法定相続人は,亡夫の
    弟のみです。弟は母の扶養も介護も一切行いませんでした。
    私は,亡夫の母の相続について,介護費用の請求などができないでしょうか。
 Q54 特別寄与料の請求手続
    亡くなった義父には,妻A,長男B,長女Cの3人の相続人がいます。
    私は,長男Bの妻として,義父と同居し長期間にわたり無償で介護をして
    きました。私のような場合には,相続人でなくてもお金を受け取れると聞
    きました。具体的には,誰を相手に,どのような手続をとることになりま
    すか。
 Q55 特別寄与料の算定要素
    特別寄与料の額は,どのように定められますか。相続財産の額によって
    も違うのでしょうか。
 [コラム5]介護等による金銭請求と税

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.