青林書院



借地借家モデル契約と実務解説


借地借家モデル契約と実務解説
 
編・著者満田 忠彦・小圷 眞史・松田 章編
判 型A5判
ページ数416頁
税込価格5,400円(本体価格:5,000円)
発行年月2019年04月
ISBN978-4-417-01759-2
在庫有り
  
在庫があります

■解説
公証人・裁判官経験者が文例と実務を平易に解説! 契約書作成に必備!
◎民法(債権法)改正に対応した文例を収録。
◎弁護士,法律専門職,不動産取引等に関わる実務家に最適。
≪好評既刊『遺言モデル文例と実務解説』の第2弾≫


はしがき
 借地契約及び借家契約は,一般市民にとっても,企業にとっても,最も身近
な契約類型の一つといってよいでしょう。借地法施行当時に設定された旧借地
権の更新契約は,現在でも数多く存在しますし,借地借家法施行後に設定され
る普通借地権・普通借家権に関する契約はもとより,同法施行後創設された事
業用定期借地権や定期建物賃貸借に関する契約等も広く利用されています。
 そして,借地借家を巡る法的紛争も,民事調停事件あるいは民事訴訟事件等
として数多く裁判所に係属しています。これらの紛争を防止し,円滑な契約関
係を維持するためには,契約締結に際し,それぞれの契約目的と契約当事者の
実情に即して的確な契約条項を定めることが特に重要であると思われます。
 契約自由の原則によれば,本来,対等な当事者間において合意される契約は
尊重されるべきものでありますが,借地借家契約に関しては,借地借家法を初
めとする多くの強行規定が存在します。また,借地借家関係の実務に大きな影
響を与える裁判例も数多く出されています。契約締結に際し,自己の希望する
法律関係を形成しようとする場合でも,その有効性について関連の法令及び裁
判例に照らし慎重な検討が必要です。
 本書は,借地借家契約に関するモデル文例とその実務解説書です。弁護士ほ
か法律専門職や不動産取引等に関わる実務家の方々はもとより,一般の方々
にも十分利用できるように,借地借家関連の契約書を作成する際の便宜と指針
となるべく刊行されました。第1編総論では,第1章から第9章まで借地借家
契約を作成する上での基本的な事項について概説し,第2編の各論において,
【文例1】から【文例23−2】まで,合計25の各種借地借家契約の標準的な文
例を掲げて,契約書作成上の実務上の論点等をできる限り平易に解説してい
ます。読者が,それぞれの契約の事情に応じて必要な契約条項(特約)を探し,
その作成上の留意点,関連の裁判例等を参酌することができる構成となってい
ます。
 今般,民法(債権法)の大幅な改正がありました(平成29年法律第44号)。
改正の主要部分について,令和2年(2020年)4月1日施行の予定です。この
たびの改正は,借地借家法の改正を対象とするものではありませんが,民法の
賃貸借に関する規定の重要な改正を含むものです。本書では,必要に応じて改
正前民法の場合と対比させながら新民法に対応した文例を掲げています。
 本書は,私たち3名の編集者を含む10名が分担執筆したものです。執筆者は,
いずれも実務経験豊富な公証人,元公証人,元裁判官です。お忙しい中,快く
執筆を引き受けて頂いた執筆者各位に心から御礼申し上げます。
 終わりに,本書の企画・編集に当たり,株式会社青林書院編集部の加藤朋子
氏に並々ならぬご尽力を頂きました。ここに記して心から感謝申し上げる次第
です。
  
令和元年(2019年)5月
満田 忠彦
編著者  小圷 眞史
松田  章


編 者
満田 忠彦(弁護士,元霞ヶ関公証役場公証人)
小圷 眞史(弁護士,元王子公証役場公証人)
松田  章(大森公証役場公証人)
  
執筆者(執筆順)
満田 忠彦(上掲)
松田  章(上掲)
小圷 眞史(上掲)
橋本 和夫(元浦和公証センター公証人)
菅原  崇(越谷公証役場公証人)
今泉 秀和(弁護士)
坂井  靖(弁護士,元中野公証役場公証人)
吉田 健司(昭和通り公証役場公証人)
松本 光一郎(武蔵野公証役場公証人)
長久保 守夫(多摩公証役場公証人)





■書籍内容
第1編 総   論
 第1章 概  論
 第2章 借地権・借家権の対象
 第3章 借地権・借家権の種類と存続期間
 第4章 敷金,権利金,礼金,保証金
 第5章 借地権・借家権の対抗力等
 第6章 借地契約・借家契約の更新及び更新料
 第7章 正当事由
 第8章 借地契約・借家契約における特約
 第9章 公正証書による賃貸借契約の強制執行認諾条項
第2編 各   論
文例1 宅地の賃貸借契約――借地借家法施行後設定
文 例2 宅地の賃貸借契約――借地法施行当時に設定された契約の更新
文例3 定期借地権設定契約(借地借家法22条)
文例4 事業用定期借地権設定契約公正証書(借地借家法23条1項)
文例5 事業用定期借地権設定契約公正証書(借地借家法23条2項)
文例6 建物譲渡特約付借地権設定契約(借地借家法24条)
文例7 土地一時使用賃貸借契約(借地借家法25条)
文例8 土地賃貸借(自己借地権)設定契約
文例9 借地借家法の適用のない土地賃貸借契約――駐車場賃貸借
文例10 農地の賃貸借契約
文例11 私道利用賃貸借契約
文例12 建物の賃貸借契約――借地借家法施行後設定
文例13 建物賃貸借契約――借家法施行当時に設定された契約の更新
文例14 定期建物賃貸借契約(借地借家法38条)
文例15 取壊し予定の建物の賃貸借契約(借地借家法39条)
文例16 一時使用目的の建物の賃貸借契約(借地借家法40条)
文例17 終身建物賃貸借契約
文例18 マンションの賃貸借契約
文例19 店舗の賃貸借契約
文例20 貸ビル建設協力金契約を伴う賃貸借予約
文例21 建物サブリースに関する契約
文例22-2 建物賃貸借契約の合意解約――期限付き
文例23-1 土地の使用貸借契約
文例23-2 建物の使用貸借契約
 事項索引
 判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.